意識のながれ

心理学の概念であり、20世紀、人間の内的現実を追求することで注目を浴びた文学的手法「意識のながれ」。イギリスの女流作家ヴァージニア・ウルフは記憶をそのままに描写することに挑んだことで有名です。文学作品でありながら絵画のコラージュを思わせる構成からは旋律をも感じます。11月の私の個展では彼女の「波」を題材にウルフが奏でる内的情景を感じ”かたち”にすることを試みました。この「波」を”かたち”にしていく試みは今回の個展以後も考え続けていくつもりです。次回はどんな”かたち”にするべきかをただいま模索中です。
 

top page/ トップページへ

Virginia Woolf / ヴァージニア・ウルフ(1882〜1941)
イギリスの女流作家。意識の流れを重視した心理主義派に属する。
「波」「ダロウェー夫人」「灯台へ」など
(広辞苑より引用)